曼珠沙華

彼岸花の別名は「曼珠沙華」
サンスクリット語で天界に咲く花という意味。
おめでたい事が起こる兆しに赤い花が天から降ってくる、という仏教の経典から来ているそうな。
巾着田の彼岸花群生地はさながら天上界かしら?
確かに、群生して咲き誇る様は妖しくそして美しい。

そして、真っ赤に燃えるような彼岸花を見ると、
昔、百恵ちゃんが歌っていた「曼珠沙華」を思い出します。


彼岸花 黒背景あっぷ

彼岸花 黒バック

彼岸花 明るめ背景
こちらは明るめ背景で。
彼岸花 明るめ背景2

涙にならない悲しみがあることを
知ったのはついこの頃
言葉にならない幸せが何故かしら
重いのもそう、この頃
あなたへの手紙 最後の一行 思いつかない
どこでけじめをつけましょう

…(略)…

百恵ちゃん、20歳の時に歌っていたのですよね。(歌詞が大人だわぁ)
いまどきの20歳の子では、百恵ちゃんのように歌うのは難しいわね。
(いや20歳だった私も無理だったわ。遠い過去だけど…)

そういえば、最近、カラオケもご無沙汰だわ。
年女も5巡目(あ、1回目は0歳の時ですよ)なら歌ってもいいかな?


スポンサーサイト