いずれがアヤメかカキツバタ

水生植物園の中にはこんな看板が…。
ちょっと見にくいですかね?
「あやめ祭り」とはいいますが、実はハナショウブ、カキツバタ、アヤメが咲いているそうな…。

あやめ・花ショウブ・カキツバタ
お花の特徴は、こんな感じ。
アヤメ: 外花被片に網目模様がある。
カキツバタ: 外花被片に網目模様なし。外花被片に白い斑紋がある。
ハナショウブ:外花被片に網目模様なし。外花被片に黄色い斑紋がある。

で、ついでに言うと、ショウブとハナショウブは別物だそうです。
ふ~ん。知らなかった。
ショウブというと一般に、ハナショウブをさすそうですがは、こっちはアヤメ科アヤメ属。
そして、菖蒲湯に使われるショウブは、ショウブ科またはサトイモ科に分類されてるらしいです。
これも植物園の中に書いてありました。

何回も行ってるのにまじまじ見たのは初めてです。

とりあえず写真とって読んでみたけど、
だからこの花はあやめで、これはハナショウブで~なんてやってません。
「ふ~ん。そうなんだぁ」で終わりです。

よしずとあやめ

紫あやめ

「いずれがアヤメかカキツバタ」
美しいお写真が撮れたら、判らなくたって、ねねちゃんママ的にはOKなのです。

スポンサーサイト